アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

50代の暮らし 家族の話 旅 グルメ 日常

お正月は実家に帰って上げ膳据え膳、母には料理をしない娘の烙印を押されています

元日に実家に行ってきました。
我が家から車で30分ほどの距離なので、
いつでも行けるのですが、
最近は心の距離が遠く、
なかなか行かなくなりました。


なぜって、両親がめんどくさいから(^_^;)


まぁ、用事があれば
もちろん実家にはいつでも行きます。
新年は毎年、元日に行くようにしています。


娘たちも毎年、
なんとなく元日に行った方がいいよねと、
他に用事を入れずに一緒に行ってくれます。


高齢の両親は
自分たちの固定観念が強すぎて
時々うんざりします。
そんな時、娘たちが一緒に行ってくれると
両親にイライラすることなく本当に助かります。


以前記事にも両親がめんどくさいことを書きました。
www.mamin50.work


特に母は、私が何をしようとも
とりあえず文句を言います(^_^;)
そういえば、今まで褒められたことが記憶にありません。


文句を言われることは想定内なので、
それに言い返すことなく、
逆に利用するのが私の最近の対策です。


お正月といえば、
実家の母は、とりあえずおせち料理やお雑煮を準備しています。
うちの母、どう考えても食べきれない量の食材を購入することも日常茶飯事。
お正月だったらなおのこと。


私も娘たちも
その料理を食べることを目的に実家を訪問します。
準備してあるのが分かっているから(^^)


実家に到着するやいなや、
母からの先制パンチ!
「あんた、何か料理作ってきたの?」
「あんたは何も料理しない。」


続いて娘たちにも、
「女の人は料理くらいしなさい。」


娘たちもばーばの文句には慣れています。
適当にスルー。
私も適当にスルー。
ごちゃごちゃ言い返したら、うるさいだけです。


文句を言いながらも、
母は、テーブルに料理を運べとか、
お雑煮をお椀に準備しろとか、
手伝うことを指示してきます。


最近思うんです。
母はこうやって文句を言ってるのが
なんだか楽しいんじゃないかって。
私の勝手な思い込みかも知れませんけど。


だから、実家に行ったら上げ膳据え膳。
もちろん後片付けはしてきます。
母が元気で料理を作っている今は、
料理をしない娘ってことで
万事オッケーなんじゃないかって
自分に都合の良い方向で考えることにしています。


もれなく母の文句は付いてきますけどね。

f:id:Mamin50:20220101235328j:plain

そんなわけで今年の元日も
実家で母が作ったおせち料理と購入したおせち料理。
お雑煮とその他諸々食べてきました。


高齢の父と母。
来客にはすぐに飽きちゃうので、
しばらくするともう時間だ、早めに帰れと
急かされるように帰る準備をさせられます。


これくらいがちょうどいい、短時間の滞在でした。
長居は禁物です。
私たちが帰った後できっと父と母は、
全く料理も何もしない娘と孫たちだと
文句を言っていることでしょう(^_^;)


文句言ってるうちは元気な証拠!
でも、いつから私が料理しない人ってことになったのかは謎です。
確かに、子供たちが大きくなってからは
家で食事することが減って
手抜きしまくりなことは確かです。


今年も実家で
母の料理を食べられたことに感謝です(^^)



ランキング参加中です。
応援のクリック、よろしくお願いします。
こちら↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち - にほんブログ村


日々の出来事ランキング