アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

子供の話が中心のママ友付き合いは苦手、自分のことを話せる友達は居心地がいい

子供が同級生の母同士で集まると
当然話題は子供達のことになる。
実は私はその場所が苦手。


良いことも悪いことも
うちの子が
こんなことやった、あんなことやった
丸々自慢話だったり、
全然ダメなんだよ~って言いながら
やっぱり悪いことも自慢。


別にそんな話聞きたくないし( ゚д゚)ハッ!
私にとってはどうでもいいこと。

 
だいぶひねくれた性格かもね、私。



だから複数人のママ友たちと集まることは、
よっぽどのことがない限り
極力避けてきた。


自分が疲れるだけだから。


子供の同級生の母繋がりで知り合っても、
気が合って
子供の話よりも
自分たちのことを話せる友達、
一対一で会うことの方が好き。


散々くだらない話やら
自分たちの話をした後に、
あっ、そういえば娘は?息子は?
そんな感じでついでに話をするだけ。
子供の話なんて全くしない時もあるかな。


人は人、自分は自分


娘は娘、私は私



この前娘の同級生の母たちと会った時も
子供の話オンリーで
素敵な大学生活を送っているって話で
私はほとんど聞き役だったけれど、
人は人だよね、って思って聞いていた。


今までだったら、
同級生の子と娘を比べて、
もうちょっと娘に頑張ってほしいと思ったり、
「○○ちゃんは、こうなんだって」と
娘にいらぬ情報を教えたり…
私も娘もモヤモヤしていたと思う。


人は人、自分は自分
最近そう思えるようになって、
いろんな場面でスルーできることで
気持ち的には楽になった気がする。


スルーは多少できたとしても
やっぱり自慢話は少々苦手(^_^;)
自分自慢ならまだしも、
自分たちではない娘たちの話。
今の私には興味がない話。


他人に自慢することよりも、
直接娘を褒めてあげてほしいと思う。
すでに褒めてるのかもしれないけれど。
できればそこで完結してほしい。


子供は子供で自分ではない。
極限られた、仲のいい友達に、
「うちの子、こんなんでさぁ」って
悩みやら、報告をしたらそれでいい。


でもそれも人それぞれの考えや行動。
もし自分が嫌な場所なら行かなくていい。
避けても全然かまわない。


でもたまに、
娘の同級生のママ友の渦に入ってみたくなる。
怖いもの見たさ?
自分自身が居心地のいい場所とは別の感覚を試してみたくなる。



やっぱり私は
気の合う友達と
一対一で会うのが好きで
居心地がいい。
子供の話をすることよりも
自分のことを話せる間柄がいい。

f:id:Mamin50:20200212105459p:plain

お互いにくだらない話すぎて、
帰り際に
何話したっけ?覚えてない(^_^;)
なんて言う友達、最高!


大丈夫、私も覚えてないから。


好きな人、気の合う人、居心地のいい場所、
無理しないで過ごせる時間が大好き。


今日も居心地よく過ごせたらいいですね。
応援のクリック、お待ちしています
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


Twitterやってます