アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

いつもと違う球場の雰囲気と、記憶そのままの野村監督

昨日は娘と二人で
野村監督に献花をしてきました。

f:id:Mamin50:20200216081529j:plain

シーズンオフの球場は
いつもだったら
散歩している人、ジョギング中の人、
学校や会社への行き帰りの途中、
そんな人たちが通ることがある程度で
ガラーンとしている。


昨日は
球場の正面付近に人が多く集まっていて
その場所を静かに眺めている。



私と娘は
受付で献花するお花を手渡され、
献花台にそっと置き
手を合わせて参りました。


献花台に飾ってある野村監督の写真は
楽天時代のベンチに座る笑顔の写真。
私の記憶の中にある
監督そのままの
素敵な写真でした。


献花を終わった人たちも
なんとなく名残惜しそうに
球場の正面付近で
その場所をしばらく離れなかった様子が
印象的でした。



野村監督が楽天の監督になったのは
球団創設2年目。
宮城に球団がやってきて2年目。


選手も監督も強い球団にするんだというパワーと、
地元のファンも
宮城に球団がきてくれてありがとうという感謝と、
応援と、
とにかく盛り上がっていました。


最高に楽しかった。
野村監督時代の球場には
数えきれないほど通いました。
そして数えきれないほど楽しい思い出があります。


懐かしさを感じながら
様々なことを思いだし、
そして
今はそっと野村監督を偲びたいと思います。


いつも応援ありがとうございます
今日もクリックお待ちしています
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村