アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

注目されるのが当然だった長女、その傾向は今も続いているのか

長女がもうすぐ3歳になる頃、
次女が生まれた。

f:id:Mamin50:20200215080041j:plain

出産に備えて、
その数週間前から長女を私の実家に預けていた。


次女が生まれたその日、
私の両親は病院に長女を連れてやって来た。



みんな生まれたばかりの次女に夢中。


寝てるね、あくびした、かわいい…
次女の行動すべてに
注目が集まっていた。


突然長女が、
「ばーば、もう見たでしょ。帰ろう。」
そう言った(^_^;)

f:id:Mamin50:20200215101636j:plain

分からないでもない。
今まで自分だけに集められていた注目が、
今は誰も自分のことは気にもせず、
次女に向けられている。


長女のストレートな主張だったんだと思う。
後にも先にも
こんなにはっきりと主張する長女は見たことがないわ。



その頃は
私の実家に行けば、
私の両親と私の妹が長女の遊び相手で、
長女はちやほやされていた。


それがライバルの次女登場で、
自分の立ち位置が危うくなるのだ。


だけどね、
「ばーば、もう見たでしょ。帰ろう。」
この言葉は強烈だったよ。


その時は、

えっ(゚Д゚)!!
妹生まれて嬉しくないのか?
いや、まだ来たばっかりだし、
すぐ帰ろうって何だよ。


そう思ったけどね。
後からいろいろ考えたら、
長女なりのストレートな表現だったのかなぁ、
なんて思いました。



その後も実家に行くと長女は
あの手この手で注目されようと試みる。
手を煩わすような行動をする。


みんながご飯を食べる時も、
なかなかテーブルにつかなくて
声をかけられるのを待ってるかのようだし、
まて、これ今もこの状態だわ( ̄□ ̄;)!!


自分がはっきり答えないことで
周りの人から声をかけられたいのではないか、
そう思うような態度をとるようになった。


そんな長女に
ばーばは手慣れたもので
知らんぷり。


どうもばーばと長女が二人の時は
長女がどんな態度をとろうとも
ばーばがいちいち反応しないので、
長女も仕方なく諦めるらしい。



ハッキリ言って
この長女の傾向がいまだに続いております(>_<)


最近では、ばーばの反応しない作戦も効果なく、
何をどうしたいのか?
何様のつもり?
そんな疑問が沸き上がってきます。


幼い頃の
あの注目されたいという行動が
我が家と実家では
今なお継続中です。


本気で注目してって思ってなくても、
たぶんルーティーンみたいなもの。


あ~またやってるよ
そう思う私と違って、
次女はいつも気にかけ、声をかける。


私なら文句言っちゃうところなのに、
全く文句は言わない。
よくできるよなぁ、感心する。
でも甘やかしすぎじゃないか?


そういえば私の妹も長女には甘い。
文句も言わないし、
長女が遊びに行けば
ご飯もおやつも言わなくても出てくるらしい。
長女にとってはパラダイス。
からしょっちゅう妹の家に行ってるみたい。


私はそんなことはできないよ。
する気もないよ。


長女のお世話は次女と私の妹に任せるよ。
その行動がいいか悪いかの問題じゃなくて、
誰かに合わせる必要もなくて、
本人がそれでいいなら構わない。


「三つ子の魂百まで」

幼い頃の性格は年を取っても変わらない


ちよっと面倒くさい性格だよなぁ、長女さん。
年取っても変わらないってよ(^_^;)
残念だったね。
そんな私は
ちょっと嫌みったらしく言う性格なのかな。
だったら、それも残念だ。


いつも応援ありがとうございます
今日もクリック、お待ちしています
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ ドタバタ家族へ
にほんブログ村

Twitterやってます