アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

50代の暮らし 家族の話 旅 グルメ 日常

使わなかった外貨の両替!旧紙幣は注意、硬貨の両替方法


今年は急に円安になったり、日常的に米ドル/円の為替相場を目にしていますが、先日なんとなく見たスイスフラン/円がじわじわ上がっていて気になりました。


そういえばスイスフラン手元にあるわ。
…といっても紙幣は1枚。残りは硬貨。
8年ほど前に娘がスイスに行った時に両替し、
使わずに残った10スイスフラン。


そこでスイスフランを調べてみました。
手元にあるスイスフランは第8次紙幣と呼ばれる現在流通している第9次紙幣の1つ前の紙幣。


円に両替するには旧紙幣を取り扱ってくれない場合もあると聞き、これは両替できるのか?と半信半疑ながら円に両替してきました。


私が訪れたのはトラベレックス仙台店。
仙台市中心部、ハピナ名掛丁のアーケードにある店舗です。


買い物ついでに出かけた時に、ふらっと寄れるので便利です。
今まで何度か利用したことがあります。


結果から言えば、両替できました。
10スイスフランで1,321円でした。


スイスフラン/円は132.13円の計算でした。
為替相場では140円台半ばでしたが、やはり両替となると手数料込みでこんな感じですね。


もちろん、レートは銀行や他の店舗によって変わりますが、手軽に利用できるトラベレックスさんはとても便利です。
もし多くの外貨紙幣を両替することがあれば、他店のレートと比べてレートの高いところで両替すると思います。


ところで、基本的に両替は紙幣のみ。
ダメ元で「硬貨は両替してませんよね?」と聞いてみたところ、こちらの店舗ではユーロの硬貨1ユーロと2ユーロは両替可能とのことでした。


また、仙台駅に「ポケットチェンジ」があることも教えてくれました。
首都圏などには以前から設置してある、外貨を電子マネーなどに交換するサービスです。
硬貨にも対応しています。
仙台にあることを私は知りませんでした。


せっかくなので、仙台駅に立ち寄ってみると
ありましたよ!
場所は仙台駅2階の駅たびコンシェルジュ前です。
今まで全然気づきませんでした。


両替できるのは、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォンでした。
紙幣も硬貨も可能です。
ポケットチェンジの独自レートでの交換になります。


海外旅行で残ってしまう外貨。
自宅に眠っている使わないままの外貨があれば、電子マネーに交換できるのはとても便利です。
限られた通貨にはなりますが、今度やってみようと思います。


ランキング参加中です。
応援のクリック、よろしくお願いします。
こちら↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち - にほんブログ村


日々の出来事ランキング