アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘はいろいろ難しい 葛藤する毎日 家族のこと ありふれた日常 時々お出かけ 日々思うことを思いつくまま書いています 

無数の星からたったひとつの月へ、夜空の記憶が変わった日

娘が生まれた日


病院に向かうタクシーを待っていた夜、
外は空気が冷たくて
でも空気がものすごく澄んでいて


夜空は月明かりが綺麗だった。
満月がぽっかり顔を出していた。

f:id:Mamin50:20200126051450j:plain


そう、ずっと思っていた。


この前、
なんとなくその日の満月、新月を調べてみたら
その日は新月付近だったんだ。


えっ、私の記憶…?
満月だと思っていた記憶。


娘が生まれた日


外の空気が綺麗だった。
深呼吸して
空気をいっぱい吸い込んで、
穏やかな気持ちで
ぼんやり夜空を眺めていたのを覚えている。


あれは月明かりじゃなくて、
素敵な星空だったのかもしれない。


きっと、
娘がお月さまだったんだ。


娘が生まれてきて、
星空から満月の夜空に
私の記憶が変わったんだ。


不思議なこと。
どうして満月だと思っていたんだろう。


星は無数に輝いているけれど、
月はたったひとつ。


たったひとつで光を放っている月


私の記憶を
星空から満月の月明かりに変えてしまった。


誕生日、おめでとう
娘に出会った日。
私にとっても記念日。


そして
不思議な体験をありがとう
素敵な記憶をありがとう



応援クリック、お待ちしています
  ↓↓↓よろしければこちらを押してください。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村