アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘の毎日 女子は難しいけど楽しいよ 時々お出かけ 日々思うことを思いつくまま書いています 

文句を言わないように、顔を合わせないように、そんな努力も効き目がない!?

 
娘たちのグータラぶりに
ストレスがそろそろ限界な近頃。
何かと発散の方法を探してさまよっています。


昨日は娘たちに余計なことを言いそうだったので、
さっさと逃げて出掛けたのに、
夕方家に帰ったら
まさかの
洗濯物がそのまんまカゴいっぱい( ̄□ ̄;)!!


自分のことすらやらないって
どういうことですか!


まあよい。
下着も洋服も着るものがなくならないと
分からんのかい。
だったら、困るのは本人だし、
片付かないのは不本意だけど
放っておくしかないね。


母がいなければ
きちんとやってくれると思っていた。
そんな自分よりもさらに一枚上手だった( ゚д゚)
娘たち。


ここで文句を言ってはならない。
じっと我慢
いつまで我慢できるだろうか、心配だ。


でもこれも
よくよく考えてみると
自分の思う通りになってないからなんだよね。
思ったように行動しない娘たちにイラつき、
勝手に自分の価値観が当たり前だと思うから、
文句も言いたくなる。


私が洗濯物が溜まってるのが嫌なだけで、
娘たちはそんなこと気にしてないのかもしれない。
なんで気にならないのか?
それは人それぞれ考えが違うんだろう。
↑無理矢理だけど自分を納得させる


海外だったら
毎日洗濯はしないし、
まとめて週に1回洗濯することも普通っていうし。

f:id:Mamin50:20200116225035p:plain

そう考えると、
こんなことで文句を言うのもバカらしくなる。
いや、でも見ちゃうとため息…


だったら
衣類を減らしてほしいと思う。
そうすれば、洗濯しないと着るものがなくなる。
洗濯しないと困る。
当然洗濯する、たぶん。
いや、これも自分の中の常識か…?


ヤバイなあ
考えすぎはよくない。


どっちみち本人が自覚しない限り、
何事も前進しない。
周りがいくら言っても無駄。
いつまでこんなことやってんだろう。
そして、私もさっぱり進歩しない。
もっと見守る覚悟が必要だなぁ。


自分と他人の考え方は違うんだ。


嫌な思いをするくらいなら逃げよう。
しばらく娘からの逃亡生活が続きそう。
近づき過ぎないように
ちょっと離れて見ないふり。
そんな感じを続けるしかないかな。


疲れてる私に、
応援のクリック、お待ちしています↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村