アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

働くことについての考えの違い、自分の考えを押しつけがちな親との付き合い方

たまに実家に顔を出すと
親がなんだかんだと自分の考えを
押しつけてくることがあります。
心配をしてくれていることは分かるのですが、
ありがた迷惑で嫌になっちゃいます。
私なりの対処の仕方についての話です。


新卒から正社員が既定路線とは限らない

私の親世代の感覚から言うと
高校、大学等を卒業して正社員として就職するのが既定路線で
それ以外は考えられないようです。
その先を言うと、
定年まで安泰という時代もありました。


だけど、今はそうじゃない!
会社だっていつどうなるか分からない。
みんながみんな、学校卒業したら正社員として働きたいと思っているわけでもない。


様々な働き方の選択もできるわけで、
現在は不安定さの中でも
自分の価値観の中で自由に働くことができると
私は思っています。


心配という名の押しつけ

親から何度となく言われることが、
「少しは仕事したら」
「あんたは働きもしないで」
いやいや、
何かしら収入がなければ生活はできません。
貯蓄や投資、不労所得も立派な収入。


親からすれば
毎日会社に仕事に行くことが働くという考えなので、
全く理解してもらえないようです。
散々な言われようです(^_^;)

f:id:Mamin50:20210103144225p:plain

うちの二女は
昨年大学卒業後アルバイト生活をしてますが、
先日一緒に実家に行ったら
「じ~ちゃんに就職しろって言われた(笑)」って言ってました。


近頃のターゲットは二女になり、
どこそこの会社で求人があるって勧めてみたり、
就職しろとホントにうるさいです!
アルバイトだって立派に収入を得ています。
何よりも本人が納得して働いているわけで、
どうこう言われる筋合いはないはずです。


もちろん、
気になって心配してる気持ちは理解します。
でも、自分の考えを押しつけるやり方には
ちよっとうんざりですね。


考え方や価値観の違う親との付き合い方

以前の私は考え方の違う両親と
思いっきりぶつかっていました。
お互いに自分の考え方を言い合っては
理解されないことにイラついていました。


だけど、そんなことしたって無駄なんです!
だって、
そもそもの根本の価値観が違うんですから。


親は親で自分の考えを変えないわけですし、
自分も自分の考えで好きなよう生きたいわけです。
だったら、
何を言われたって軽くスルーしておけばいいんです。
変に自分の考えを理解させようと、認めてもらおうとしなくてオッケーです(^_^;)
※あくまでも自分の場合です。


ある時から私は
何を言われようが
「他人に迷惑かけてるわけでもないし、生活できてるんだからいいじゃん」
と返し、
ごちゃごちゃ言ってる親のアドバイス(?)は
スルーするようになりました。


しばらくすると両親は、
「あんたに何言ってもダメだな…」と
若干諦め気味になりました。
シメシメ(^皿^)


おかげで私の代わりにターゲットは二女。
だけど、うちの二女、
実は私よりもスルー力が高め!
たぶん両親はそのことを知らない…


両親も
言い聞かせたつもりで満足なんでしょうから、
それでいいいんです。
ジジババが孫の就職の心配したってね(^_^;)
いまだに甥姪の子供がどこに就職したとか、
近所の孫の話まで出てくるので、
ホントにウザいですよ。


まとめ

時代の流れで変わってきたことがあっても
昔の常識をずっと引きずって
その考え方を押しつけられることがあります。
困ったもんですね。


他人なら簡単にスルーできることも
ずっと付き合っていく両親に理解されず、
お互いの考え方の違いに悩むこともあります。


もちろん
親は子供が心配での行動なので、
それを思うと難しいところもあります。


ですが、自分は自分、
無理に理解してもらおうとせず、
重く考えず、
スルーするのも一つの方法だと思います。
「あなたに言っても無駄だね」って思われたら
私にはとっては成功!
自分らしく楽しくこれからも生活していきたいと思っています。




ランキング参加中です。
応援のクリック、よろしくお願いします。
こちら↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち - にほんブログ村