アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台、宮城県登米の郷土料理「はっと汁」作りました!


f:id:Mamin50:20210526102502p:plain


NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」を見ています。
舞台は宮城県の県北、気仙沼と登米。
ドラマに郷土料理の「はっと汁」が出てきて
無性に食べたくなったので
作ってみました。


「はっと汁」は、醤油ベースの出し汁に
モチモチの「はっと」生地と
鶏肉や野菜類が入った郷土料理です。

f:id:Mamin50:20210526065901j:plain


「はっと」の生地は
小麦粉に少しずつ水を加えて混ぜながら
耳たぶくらいの柔らかさになるまで
捏ねていきます。
しばらく寝かせたら「はっと」の生地は
完成です。

f:id:Mamin50:20210526090948j:plain
生地を捏ねると、こんな感じ


f:id:Mamin50:20210526091055j:plain
適当に生地をちぎって入れます。


生地を入れてから醤油で味付けするところ、
先に醤油を入れちゃいました。
だけど、特に問題なく美味しいです。


ほぼ「すいとん」ですよね。
違いと言えば、
「はっと」の生地は薄く伸ばしながら
ちぎって入れるところでしょうか。
「すいとん」は
生地を丸めるイメージがあるのですが、
詳細な違いは分かりません(^_^;)


どちらも、このモチモチの生地が
美味しいんです!


ところでWikipediaによると
「はっと汁」についてこう書かれています。

はっと(はっとうとも言う)は、茨城県と福島県の境にある八溝山周辺から、宮城県の大崎地方・栗原・登米[1]地方、岩手県の一関・奥州市地方など、主に東北地方に伝わる郷土料理。


実は宮城以外でもあるんですね。
知りませんでした。


モチモチで美味しい「はっと汁」、
久しぶりに食べました。
野菜もたっぷりいれて、優しい味です。
美味しかったです。





★登米市のプチ情報

登米市には「はっと」の形をした
観光PRキャラクター「はっとン」がいます。

f:id:Mamin50:20210526091618j:plain
はっとン|一般社団法人登米市観光物産協会(公式ホームページ)


「はっと汁」の他にも
麸を油で揚げた「油麩」が有名で美味しいです。
(※はっとンの腕はあぶら麸らしいです↑)


ご当地グルメの「油麩丼」でも知られています。
油麩をカツ丼風に仕上げた、
肉を使わない「油麩丼」です。

登米なのに「仙台麸」っていうのはご愛嬌(^^)
こちらの「仙台麸」は
宮城県内のスーパーでもよく見かけます。


油麩は煮物に入れても美味しいですよ。


ふるさと納税でも返礼品にありました。
興味がある方はご覧ください。


ちなみに私の母が県北出身なので
はっと汁も油麩も
小さい頃からよく食べていました。
次は油麩料理を作ってみたいなと
思っているところです。




ランキング参加中です。
応援のクリック、よろしくお願いします。
こちら↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち - にほんブログ村


日々の出来事ランキング