アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

それぞれの高校中退の理由と決断

2021年2月17日に書いた記事を
2021年7月3日、内容を更新しました。



将棋の藤井聡太さんが卒業間近の高校を
今年、1月末で中退されました。
昨年の秋にはすでに退学の意思を固め、
学校側と数回の話し合いを重ね
1月末に退学届けを提出したようです。


本人により将棋に専念したいとのコメントが出されました。
周囲の反応は「もうすぐ卒業できるのに」、
「この時期に退学するとは…」
なんて声も聞こえてきます。

f:id:Mamin50:20210217205126p:plain

高校を卒業することも大切なことですが、
それよりも今、
自分が専念したいことが将棋であり、
退学という決断をしたのであれば
意思を尊重して応援したいと思います。


ところで我が家の三女、
高校を中退しております。
高校2年の冬に高校を休学し、
1年ほど海外に留学しておりました。


当時、留学に際して私と娘で
「帰ってきたら高校に戻るかどうか」を
検討してみました。
娘の場合は
高校に戻って1年間高校生活を送る意味が
見い出せませんでした。


戻ってきたら1学年下に入り、
同級生はすぐに卒業。
自分も3年生になると
部活動に戻っても数ヶ月で引退で、
その後の高校生活は受験に向けての生活になるのが一般的です。
元々大学に行く予定がなかった娘は
高校から推薦等で入試を受ける予定もありません。


そこで出した結論は
「高校には戻らない」という選択でした。
そこで私は、
留学前に高卒認定を取っておこうという
提案をしました。
そうすれば
将来、もし大学に行きたくなった時に
高卒認定があれば大学の受験資格が認められます。


うちの娘は何かに専念したいものがあったわけではないです。
ただ、大学の受験資格は取っておいた方が
その後の選択肢が広がると考えました。



高卒認定は正式には
高等学校卒業程度認定試験といい、
全日制高等学校等に在籍中でも受験できます。
高校で取得した単位は受験科目が免除されることもあるので、高校2年で受けた娘は
免除科目が多く、思ったよりもハードルが低かったです。


高校を中退した人でも
卒業の資格を得るために通信制の学校に通ったり、高卒認定を受験したり、
何年先でも様々な学びの選択ができると思っています。
うちの娘に関しては
残り1年の高校生活に戻らなかったことに
今のところ全く後悔はありません。


娘が留学から帰ってきて2年余り、
最初の1年はアルバイトやボランティア活動などで忙しく動き回り、
ほとんど家にいないような日々を過ごしていましたが、
次の1年はコロナの影響でガラッと生活が変わり、まさかのおうち生活です(^_^;)


留学、そして帰国後のこの2年、
コロコロ変わる生活でしたが、
これから先が
どうなっていくのかも分かりません。


ただ、その時その時で
自分の意思で決断していくことは
本当に大切なことだと思います。
将来の方向転換も軌道修正も可能なことです。
そのためにも、
柔軟に行動できる人であってほしいと思います。




ランキング参加中です。
応援のクリック、よろしくお願いします。
こちら↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち - にほんブログ村


日々の出来事ランキング