アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

パルスオキシメーターで体に必要な酸素が供給されているかを知る

近頃耳にするようになった
パルスオキシメーター。
今まで私は知りませんでした。
コロナ禍の健康管理にとって
必要なものになるのでしょうか。
気になったので調べてみました。


パルスオキシメーターは、
動脈血酸素飽和度と脈拍数を
指先などに光をあてることによって
測定する装置です。


酸素飽和度は
肺にある酸素を血液中にどれだけ取り込んで
体に運べているかを表しています。
血液中にある赤血球のヘモグロビンに
酸素が何%結合しているかを表示します。
つまり
体に必要な酸素がきちんと供給されているかを
確認する数値ってことですね。

f:id:Mamin50:20210108161630p:plain

肺や心臓の病気で
酸素を体内に取り込む力が落ちてくると
酸素飽和度が下がります。
通常は96%~99%が標準値であり、
90%以下になると呼吸不全が疑われます。


コロナウイルスでは肺炎による重症化が問題になっています。
酸素飽和度を計ることで
そのちょっとした変化を知ることができれば
早期に受診したり、
病気の重症化リスクを回避できるかもしれないですね。




ランキング参加中です。
応援のクリック、よろしくお願いします。
こちら↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち - にほんブログ村