アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘の毎日 女子は難しいけど楽しいよ 時々お出かけ 日々思うことを思いつくまま書いています 

子供の学費はどうする? 奨学金に応募してみる。

我が家が母子家庭になった時期は、
子供が中学、高校、大学に通っていて
めちゃめちゃお金がかかる時。


今は、社会人、大学生、フリーターとなり、
学費の面ではだいぶ楽になりましたね。


離婚してから月々の養育費は決めたけれども、
学費には全く足りない。


でも、子供が生まれてすぐから、
我が家では子供のために入ってきたお金はすべて
それぞれの名義の口座に貯金しておりました。
児童手当、乳幼児医療助成で戻ってきた医療費、
お祝い金…


チリも積もれば、、、、
コツコツは大事ですね。


また、最近は高等教育支援制度もあり、
該当するものに申請すると
授業料の減免が受けられます。
ただ制度も年々変更があったり、
公立高と私立高では元々の授業料の差があって、
どうしても私立高だと負担額が多くなります。


私も試行錯誤しながら、学費を捻出し、
生活しておりました。


他にも通学費やら、部活動の費用、遠征費、修学旅行など、お金がかかりますよね。


そこで、次に考えたのは、
公的な支援制度ではなく、
企業などの奨学金制度の利用です。

調べてみると、
返済不要の給付奨学金を出していただける企業や、
団体、財団が結構あります。

f:id:Mamin50:20191103221143p:plain


もちろん選考がありますので、
年収や成績、奨学金を希望する経緯、作文やら書類審査は必要です。
募集の枠も少ないですし、簡単ではありません。


でも、応募しなけりゃ始まらないんです。


当たって砕けろ!精神で、
何件も応募してみました。

※複数の奨学金に合格しても、併給を認められない場合もあります。


結果、我が家の子供たち3人共、
高校時代には無事になんらかの奨学生になることができました。
返済不要の奨学金です。


書類の書き方のダメだしから、作文の添削まで
できることは私もやりました。
いや、たぶん私が一番大変だったかも、、、
面倒だの、何だの、本人たちには文句を言われましたが、なんとか応募することができました。


何個も落ちて、凹むこともあります。
でもそれは他のことでも同じだし、

チャレンジする気持ちも持ってほしかったんです。


もちろん、奨学生になることが一番の目的ですが。


奨学金があるとないとでは大違いなので、
こちらも必死です。


感想としては、
成績よりも
将来の夢や熱意を伝えることが
ものすごく大事だなぁと思います。

(※我が娘たちの成績はごく普通です。)


この子を応援したい!

そりゃ、そうですよね。


夢や熱意を伝えること、
それを応援してくれる人たち、
素敵です。

そして、とても感謝しております。



ランキング参加中です。応援、よろしくお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


読者になっていただけると嬉しいです