アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

1回目の離婚調停の感想

離婚調停を申し立てた約1か月後、
1回目の調停が行われました。


調停は申立人と相手方が交互に
2名の調停委員に事情の説明をします。

つまり、双方が顔を合わせないように
時間差で行われます。



調停日に指定された時間に家庭裁判所へ行くと、
控え室に通されます。
申立人と相手方の控え室は別々で、
私は相手方の控え室がどこにあるかは
分かりませんでした。


最初に調停委員と話をする方が
指定される時間も早いと思います。
そうでないと、入口で出会う可能性もありますからね。


30分間、調停委員に事情、自分の希望、理由などを聞かれ、
その後、私は控え室に戻り、
その間、調停委員と相手方が30分間話をし、
私から聞いたことを伝える。
それを2回繰り返します。


相手がこう言ってるけれども、
どうですか?
という感じで、聞いたことを伝えるパターンなので
あまり話が進まない感じです。



1回目の調停は私からの離婚の意思確認と
理由くらいで、
相手方は調停の通知書が届いて驚いた、
と言っていたそうです。
離婚は全く考えていないどころか、
今までの離婚理由となる行動 も
身に覚えがないような
そんな言い方で伝えられました。


1回目の離婚調停の感想としては、
この話し合いって無理じゃない?


そして、いくら時間差で呼び出されても
裁判所の入口1ヶ所だし、
控え室が別々でも、トイレは1ヶ所で
これって双方が会う可能性あるよね。


だから、ちょっと緊張しながら、
キョロキョロしながら
家庭裁判所に入る前から出るまで
ストレスが半端なかったです。


2回目の調停は、このあと1か月後



ランキング参加中です。
応援のクリック、よろしくお願いします。
こちら↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち - にほんブログ村