アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

母娘のネタ多め 日々の暮らしの中で感じたこと 生活 お金のこと 旅行 親子  

別居中~受験生の娘たち

当時、高3、中3だった長女と次女

受験生だったんですよ 

家庭がこんな状況の中、
実家に避難し、
実家の母親ともバトルしながらの生活・・・・


よく考えてみたら、
勉強どころの話じゃなかったよね。
子供たちが一番大変だったんじゃないかな。
と今さら思う、母です。


でもその当時はそんなこと考えもしなかったし、
今やることに追われていて
精一杯だったから


ある意味、
がんばろう!
ってパワーが溢れてた


平和な環境が一番だけど、
それが当たり前になると、
慣れてしまって、当たり前のその状況に流されて、
もうひと頑張りが足りなくなる
そんな気がします。


高校受験、大学受験のメンタルやられそうな時期に、娘たちはどう思ってたんだろう?


そう書いてみたけど、
どう思ってた?とか当時は全然気にしてなかった
母ですm(_ _)m


思い出してみても
それぞれが今やれることを一生懸命していて
なんかバタバタやってたなぁ…
苦じゃなく、
別居生活を楽しんでるくらいの面白さだったかも。


娘たちの思いは違うかもしれないけど。


そんな中、長女は早々に大学の入試に合格し、
次女は学校帰りは図書館で勉強する毎日になりました。


中学校が終わると友達と図書館に直行し、
閉館まで勉強するパターン。


そうなると実家に帰る時間も遅くなるから、
夜ご飯は実家では食べないし、
帰って、風呂入って、寝るだけなんで、
私の母とのいざこざも減ったような。


毎日顔をつき合わせているのは、
やっぱり文句も出ますよ。
多少の距離感って大事だと思う
実家に世話になってる身ですみません。


そんなわけで次女の受験勉強ですが、
塾にも行かないので、
唯一の図書館での勉強です。
後にも先にも、次女が勉強したというのは、
この図書館での勉強かもしれません。
私が知る限り(^_^;)


頑張ったよ、娘たち

mamin50.hatenablog.com


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村